整備日記

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

こんなことでも結構な音になります

最近は涼しくなってきましたので、エアコンのトラブルが大分、落ち着いてきました。

先日、リヤエアコンを使用すると、すごい音がするとの連絡を頂きました。

エアコンのトラブルは「エアコンが効かない」というものが、ほとんどで、たまに「風が出ない」という症状があります。

ですので、「音」のトラブルは非常に少ないのです。

お客様から「リヤエアコンを使用するとゴーと凄い音がする」との連絡あり。

早速、入庫して頂き、状態を確認してみました。

全体が見えるようにカバーを取り外すと、こんな感じです。

ダクトとブロワモーターを取り外して中を覗いてみます。

↑↑↑

こちらリヤエアコンのエバポレーターの部分です。

よく見ると、右下に何か付着しています…もうちょっと近づいてみると…

「スポンジ」のようなものが付着していました…

どこからきたのだろうと…ふとブロワモーターを見てみると

中に何かが⁉

スポンジの切れ端のようなものが、ブロワに絡んでいました。

リヤエアコン使用時の異音の正体は、このスポンジでした。

このスポンジが、どこから来ているのか?原因を探してみると…

よ~くよく、見てみるとブロワモーターの廻りに何かが剝がれた跡があることを発見。

そしてブロワモーターの前に何が取り付けられているかというと。

↓↓↓

カバーでした。裏返してみると。

ちょうど丸い部分がブロワモーターのところに接触する箇所です。

ここに取り付けられていたスポンジ部が劣化して剝がれてモーター内部の入り込んでしまい、モーターが回るとスポンジといえども、大きな音に変化していたのです。

こんなものでもバカには出来ませんね。

何かございましたらお気軽に相談して下さい。

お待ちしております。

必ず交換をして下さい。

突然、エンジンが 掛からなくなった という経験はありますか?

遠出をした時に、こんな症状になってしまうと本当に困ります。

弊社には年に数回、レッカー車に運搬されて入庫される車両があります。

今回、ご紹介するのは「ミニクーパー」です。

最近の車両はリヤシートの下にフューエルタンクが配置してあり、タンク上部から交換作業が出来るように設定されているため、リヤシートを外して作業を行ないます。

↓↓↓

このクッションを外すと見えてきます。

黒く丸い部分がカバーになっています。向かって右側のカバーを外すと、こんな感じに見えてきます。

この状態でイグニッションスイッチをONにした時にフューエルポンプの作動音がするか、どうかを確認します。

ここで音がしない場合、「ポンプの不具合」と判断するのは「プロ」ではありません。

この時、作動用の電源が上の写真にあるコネクター部に来ているか、どうかを確認します。ここに電源が来ている事が確認出来た時 「ポンプの不具合」と判断します。

見た目にはわかりませんが左側が不具合部品。右側が新品部品です。

そして左側のカバーを外すと…

こちら側に何があるかといいますと…

こちら「カートリッジ式」のフューエルフィルターが配置されています。この写真では上記のカバーから、あっさり外れている状態になっていますが、結構、大変です(汗)

知りたい方は「YouTube」を検索すると動画で配信してくれている方がいるので作業方法が観れます!!そちらを参考にして下さい。

そしてフィルターを外した中のガソリンが凄い事になっています!

↓↓↓

フィルターケース右側の隙間から見える茶色の部分が「ガソリン」です。フィルターを通して、ろ過されてエンジンに送られるのです。

長年の積み重ねで、こんなに黒くなってしまうのですね(汗)

右側の新品のフィルターと比べると一目瞭然ですね。

このようにフィルターケース内部もキレイに掃除して、新しいフィルターを取り付けました。

経費節減と考え、フィルター交換をしない方もいるようですが、交換せずに使用を続けた結果、再度フューエルポンプが壊れたという事例が報告されています。

愛車を長く乗るためにも、交換しておかないと、かえって嫌な目に会う事になるかもしれません。

人生も車のメンテナンスも奥が深いです(泣)

何かございましたらお気軽に、お問い合わせください。

宜しくお願い致します。

意外とわからない

先日、エンジンオイル&エレメント交換の依頼で「アウディA8」が入庫しました。

 

10年近く前の車両ですが、なかなかカッコイイですね。

 

さてエンジンルームはというと。

なんと「V10」です!

「F1 か!?」とツッコミたくなりました(笑)

さすがにエンジンルームにきっちり入っているので手を入れるスペースはありません。

 

エンジンオイルを抜き。

さて「エメレントを交換しよう」と探してみると見つかりません⁉

エンジンを上から見ても…

下から見ても…

 

と、よく探してみると…

エンジンルームの奥。

カバーを外して。

パージバルブらしき部品。

外してみたら、ありました。

ジャン♪

分からないですよ~

こんなところに隠されていたら(汗)

メーカーさん、頼みますよ!

 

さて取り外してみると↓↓↓

かなり汚れていました。

交換できて良かったです。

 

 

これからも、より多くの車と出会っていきたいと思う、今日この頃です。

何かありましたら、弊社へ。

是非、お寄り下さい。

お待ちしております。

 

確実に改善されています。

最近の車はオートマチックトランスミッション(A/T)がほとんどで、マニュアルミッション(M/T)は商用車以外、あまり見なくなりました。

最初の頃のA/Tは1速から4速までしかありませんでしたが、段々と高速走行が可能になり、現在では9速なんていうA/Tも搭載されている車種もあります。

最近のA/Tの故障は機械的な故障は、かなり少なくなってきました。技術や品質の向上が大きく貢献していますが、「電子制御」によって機械的な負荷がすくなくなった事もあると思います。

細やかな制御をする分、壊れてしまう箇所は「電気的」な部分になってしまうのかもしれません。

メルセデスベンツの7速A/Tは、ほとんどの場合、10万キロ走行するまでに一度は壊れる箇所があります。

それは内部にある「スピードセンサー」です。

実際の部品を見ていただきましょう~!

こちらはA/Tのオイルパンです。

↓↓↓

↑↑↑

ここに見えるのが「バルブボディ」と言われる部品です。この部員は機械的にシフトアップ&ダウンなどが制御されています。この部品の上に取り付けられています。

左側が「バルブボディ」。右側は「エレクトリカル・ハイドロリック・コンポーネント」と言われる部品で、「基盤」なんて言う事もあります。この部品がバルブボディを電気的に制御しています。

左側が「不具合品」。右側が「新品」

そして故障する内部スピードセンサーがこちら↓↓↓

真ん中の丸い部分がスピードセンサーになります。

新品の部品を見てみると…

↑↑↑

このように形状が変更され、改善されています。

でも、ここまではっきりと変更されたと分かったのは最近です。以前は、ほんとんど変わらない形状のままでした。

きっと製造メーカーさん側も試行錯誤していたのだと思います…

これからも、より良く改善していって下さい。よろしくお願いいたします。

毎日どこかで発生しています

さて今回は、ちょっと気になる記事を見つけましたので、ご紹介したいと思います。

 

それは「交通事故の原因」について、です。

 

↓↓↓ここから↓↓↓

交通事故は毎日必ず日本のどこかで発生しています。

2014年の1年間では、交通事故で亡くなった人は4,000人以上です。

当然、発生件数はこの数より多いことになります。

そんな交通事故の原因で多いものって知っていますか?

聞かれると意外と知らないものですよね。

今回は交通事故の原因で多いものを5つ紹介していきます。

 

 

5位「運転操作不適」

「アクセルとブレーキの踏み間違い」や

「ハンドルの操作を間違える」

などの行為を「運転操作不適」といいます。

アクセルとブレーキの踏み間違いでお店に突っ込んでしまったというニュースを聞きませんか?

これはまさしく運転操作不適が交通事故の原因となります。

 

 

4位「漫然運転」

「漫然」とは「ぼんやりしていた」「考え事をしていた」というようなことを指します。

この運転で気をつけたいのは、運転に慣れている人。

運転に慣れてしまっているせいか、意識がクルマの運転以外に向いてしまいがちになるのです。

クルマは”走る凶器”とも呼ばれており、最悪の場合は人を死に至らしめることもあります。

クルマの運転に慣れていたとしても、運転中は気を引きしめることが大切です。

 

 

3位「動静不注視」

安全不確認と同じ意味かと思いがちですが、意味は異なります。

これは

「相手のクルマが停止してくれるだろうから、自分が先に行こう」

「対向車が来てるけど、あの距離ならギリギリ右折しても大丈夫」

といった行動や判断によって起こる事故です。

安全面は確認できているけど、判断としては不十分ということになります。

自分本位だけな判断はしないことが、事故を防ぐきっかけとなります。

 

 

2位「脇見運転」

近年、スマートフォンをいじりながら運転するという驚きの光景も見ますよね。

それ以外にも、つい外の建物や景色に意識がいってしまう場合も。

カーナビの操作に夢中になるのも非常に危険です。

運転する際はこれらのことに気を取られず、しっかりと運転に意識を持つようにしましょう。

ちなみに若い世代に多い傾向があるので、若者は特にご注意を。

 

 

1位「安全不確認」

交通事故原因の3割を占めるのが”安全不確認”です。

「一時停止線で停まらなかった」

「右折左折時に対向車や後方の確認を怠った」

など、運転中に意識する安全確認は多くあります。

これも運転に慣れてしまうと、つい気が緩んでしなくなってしまうもの。

その結果、交通事故に繋がるケースは本当に多いです。

教習所では、これでもかというくらい安全確認をしたかと思います。

その意識を持つことによって、交通事故を防ぐことに繋がります。

 

 

交通事故はどんな代償が待っているかわかりません。

クルマを運転する際は、安全運転の意識を持ちながら運転をしましょう。

↑↑↑ここまで↑↑↑

 

いかがでしょうか?

確かに、まさか私が!?と思ってしまいそうな内容ですね。

 

車は「鉄の塊」です。

物に、ぶつかれば破損します。

人に、ぶつかれば死んでしまう可能性があります。

日本の安全を保つために、自己中心的にならず、お互いに譲り合い。

運転には最大限、気を付けましょう。

 

 
引用元:

まさか私が!と思ってはいけない、交通事故の原因ランキング発表